MENU

歯科医院で行う、オフィスホワイトニングについて知ろう!

歯科医院で行うホワイトニングの一つに「オフィスホワイトニング」があります。

 

これは、強めの薬剤を白くしたい歯に塗り、レーザーを当てることで歯に浸み込み、ホワイトニングするものです。即効性があると言われ、1回の施術でも効果が見られます。しかし、数回行うことで、持続性がある綺麗な白い歯にすることが出来るのです。

 

 

ホワイトニングの手順では、まず、口腔内審査を行い虫歯がないか確認します。強めの薬剤を使うため、虫歯がある場合は先に治療をしておく必要があるからです。

 

その後、カウンセリングを行い、どのぐらいの白さが希望なのか話し合います。

 

施術では、まず白くする部分の汚れ落としからです。歯垢やヤニなどが付着していると効果が出ないので、電動ブラシで磨いていきます。強めの薬剤を使用するため、歯茎に滲みないように保護剤を塗ることも重要です。

 

白くしたい歯には過酸化水素で出来た薬剤を塗布し、漂白効果を促進させるライトを約10分程度照射します。

 

歯科医院で行う施術自体は30分程度で終わり、自分の希望の色になるまで数回繰り返せばホワイトニングが完了です。

 

1回の施術では、最大3回まで照射ができますが、たくさん照射すると歯に痛みが出る可能性があります。次のホワイトニングは、1週間から2週間後が適していて、期間があくと効果が落ちてしまうので注意が必要です。

 

照射をした日は着色しやすい食事は避け、普段からも食後のうがいやメンテナンスのための来院を心掛けることで、白い歯を長持ちさせることができます。